「バイタミックス」と「ブレンドテック」を比較してご紹介!

みなさん、こんにちは!

バイタミックス(Vitamix)専門店「バイタムセール」、店長のこすげです。

本日もブログをご覧頂き、ありがとうございます。

 

バイタミックス同様、業界で有名なブレンダーに「ブレンドテック(Blendtec)」があります。

バイタミックスに次いで有名なブレンダーなのではないかと思います。

そしてこのブレンドテックは、様々なところでバイタミックスとの比較対象にされていることから、ライバル的な立ち位置にあると言えます。

 

海外のブレンダーを使ってみようと考えている方は、恐らくバイタミックスとブレンドテックの2つが候補に挙がるかと思いますので、

本日はそんなバイタミックスとブレンドテックの主な性能を、比較してご紹介します。

 

ブレンドテック(Blendtec)とは?

ブレンドテック(Blendtec)とは、アメリカ合衆国ユタ州に本社がある、ブレンダーの製造・販売を行っている会社です。

ブレンドテックの特徴は、ゴルフボールですら粉砕する凄まじいパワーです。

 

YouTubeでは、ゴルフボールだけでなく、iPad野球ボールなど、あらゆるものをブレンダーで粉々にしています。

・・・アメリカのブレンダーだけあって、滅茶苦茶なことをやっていますが、それだけパワーが強いのです。

 

以前、フジテレビでやっていた「ほこ×たて」にも、「どんなものでも粉々にするミキサー」として登場しました。

(対して日本は固い鰹節が登場し、1分勝負で日本の勝利)

 

アメリカではバイタミックスと並んで人気のブレンダーのようで、大体はバイタミックスかブレンドテックかの2択になるようです。

 

パワーの強さについて

まず、パワーについてはブレンドテックの方が上です。

ゴルフボールや金属なども粉々にするパワーは、さすがとしか言いようがありません。

とにかくパワー重視で開発されているだけあります。

 

とはいえ、バイタミックスのパワーが貧弱というわけではありません。

食材に関してはアボカドの種など、固いものから粘り気のあるものまで、なんでもいけます。

 

ブレンドテックは食べ物以外の物も粉々にできるほどのパワーはありますが、

結局扱うものは食材なので、そこまでパワーの差は感じられないのです。

 

バイタミックスは詰まった時に対処できる

いくらパワーが強いバイタミックスやブレンドテックも、どうしても食材が詰まってうまくかき混ぜることができない場面があります。

コンテナに食材をギリギリまで詰めたり、粘り気の強い食材をたくさん入れた場合などがそうです。

 

こういった場合に、バイタミックスに関しては上手く対処することができます。

それは動作中にタンパーでかき混ぜることが出来る点です。

 

実はブレンドテックには基本的にバイタミックスでいうタンパーのようなものは付いていません。

ですので、コンテナ内で食材がかき混ぜれず空回りしてしまった場合、一旦ブレンダーを止めて調整してやる必要が出てきます。

 

ブレンドテックはパワーが強いので、タンパー無しでも上手くかき混ぜれる場面もありますが、

バイタミックスは付属のタンパーがあることで、確実に調理をすることができるのです。

 

操作パネルのデザインについて

ブレンドテックの操作パネルは、全てボタンまたはタッチパネル式です。

それに対してバイタミックスは、モデルによってはレバーなどのアナログ式、全タッチパネル式があります。

どちらが良いかは好みもありますが、昔ながらのアナログ式が好みの方はバイタミックスが良いでしょう。

 

コンテナの形状について

ブレンドテックはコンテナの形状が、四角い箱型になっています。

底が広い分、高さも低くなっているので、ブレンドテック本体がコンパクトで、収納に納めやすいというメリットがあります。

しかし材料を詰め込み過ぎると、バイタミックスでいうリッドプラグ(透明なフタ部分)部分が外れやすいという難点があります。

 

対してバイタミックスのコンテナは、基本的に縦に長い形になっています。

縦に長いので収納に納めにくいというデメリットがありますが、

リッドプラグは捻って開けるタイプでしっかりと固定されていますし、タンパーを利用できるメリットがあります。

 

音の大きさについて

基本的にブレンドテックもバイタミックスも、パワーが強いがために動作中の音はかなり大きいです。

あえて比べるのであれば、パワーがより強いブレンドテックの方が音が大きいです。

ブレンドテックは防音機能を備えたモデルがありますが、バイタミックスはブレンダーの周りを囲む防音カバーが別売りであります。

 

どちらもブレンダーも基本的に大きな音が出ることから、そういった点は理解した上で使うようにしなければなりません。

 

日本での知名度について

日本ではバイタミックスの方が、知名度があります。

多くの芸能人が使っていることもあり、オシャレなブレンダーといった印象が強いのが理由ではないでしょうか。

ブレンドテックはテレビで放送はされたものの、知名度に関してはバイタミックスには及んでいないのが現状です。

 

まとめ

バイタミックス、ブレンドテック、どちらもブレンダーとしての性能は高いです。

ブレンドテックはパワー重視で、食材をより細かく砕くことができます。

バイタミックスはパワーこそブレンドテックには及ばないものの、総合力で勝負するといった感じでしょう。

さらに日本ではバイタミックスが主流で、ブレンドテックはその次といった形になっています。

 

 


 

いかがでしたでしょうか。

 

バイタミックスの方が日本では有名な分、色々な人との話のネタにもなりそうですし、バイタミックス繋がりの知り合いも増えそうです。

ブレンドテックは知名度こそ低いものの、性能はバイタミックスにも負けないものがあります。

 

いずれも素晴らしいブレンダーですので、今回ご紹介させて頂きました♪

 

ショップはこちら♪
バイタミックス専門店 バイタムセール(VITAM-SALE)

バイタミックスに関するご質問等がありましたら、下記までお願いします♪
バイタムセール お問い合わせフォーム

 

これからもバイタミックスの良さを引き続きお伝えしていきますので、

今後ともバイタムセール(VITAM-SALE)をよろしくお願いします♪