Ascentシリーズ専用コンテナ取扱開始!どんなコンテナなのかご紹介します♪

みなさん、こんにちは!

バイタミックス(Vitamix)専門店「バイタムセール」、店長のこすげです。

本日もブログをご覧頂き、ありがとうございます。

 

今回は、新たに取り扱いを始めた「Ascentシリーズ適用コンテナ」を3種類ご紹介をしたいと思います。

当店でも特に人気のモデル「A3500」「A3300」に使用することができる専用のコンテナです。

 

 

2リットルという大容量のコンテナは初期付属されていますが、少人数には少し不向き。

なので、今回ご紹介する小型のコンテナも持っておくと便利です♪

 

1.4L ウェット&ドライコンテナ

 

まずご紹介するのは、「1.4Lウェット&ドライコンテナ」です。

 

ウェットコンテナはその名の通り、水気がある食材を得意とするコンテナになります。

スープ、スムージー、アイスクリームはもちろん、お魚やお肉のかき混ぜもへっちゃらです♪

さらにパン生地をこねることもできるというので驚きです・・・!

初期付属の2Lコンテナよりも一回り小さいので、少なめの食材を扱う際は重宝します。

 

そしてとくに注目すべきなのが、ドライコンテナです。

こちらは乾燥した食材のかき混ぜを得意としたコンテナで、コーヒー豆や穀物類などを効率的に粉状にします。

通常のコンテナとの違いは刃(ブレード)の向きで、乾燥した食材を効率的に砕くことができるように設計されています。

 

このドライコンテナを使い、人によっては自作のふりかけを作ったりする方もいらっしゃいますし、おやつ作りに活用している方もいらっしゃいます。

使い方は人それぞれなので、自分だけのドライコンテナの使い方を探すのも良いでしょう♪

 

600ml タンブラーボトルコンテナ

次にご紹介するのは、「600mlタンブラーボトルコンテナ」です。

このコンテナは2Lや1.4Lのコンテナと違い、できあがったスムージーなどを、そのまま持ち運ぶことができるんです!

 

コンテナ自体がタンブラーになっており、かき混ぜの際は、ブレードキャップを取り付けて逆さにしてブレンダーにセットします。

スムージーなどが完成したら、ブレードキャップを取り外し、タンブラー用のフタを取り付ければOK!

これで、どこにでも持っていける準備は完了!

 

また嬉しい機能として、このコンテナは二重断熱構造になっています。

なので、暑い夏でも冷たさが持続し、いつでもおいしいスムージーを楽しむことができる優れものなんです!

 

現在アメリカのバイタミックスでも在庫切れになるほどの品薄になっているので、お早めのご注文が良いかもしれません。

 

240mlボールドライコンテナ

最後に紹介するのは、「240mlボウルコンテナ」です。

少量のディップを作ったり、コーヒー豆を砕いたり、何かのスパイスを作ったり・・・。

使い方はタンブラーボトルコンテナと同じで、コンテナを逆さにしてブレンダーにセットします。

作ったものをその場で料理に使用することもできますが、専用のフタも付いているので、冷蔵庫で保管することも可能です。

 

調味料など少量のものを作るときに活躍するコンテナですね♪

 

安心のBPAフリー♪

今回ご紹介した3つのコンテナはいずれもBPAフリーです。

 

BPAとは、プラスチック素材の「ポリカーボネート」を作る際に使用される物質です。

環境ホルモンと言われる物質のひとつで、アレルギーや不妊、ガン、体調不良など、健康に対する悪影響が指摘されています。

なので、海外では規制の動きが強まっています。

そのBPAを使用していないコンテナということで、BPAフリーとなっています。

 

長い間使うことになるのであれば、少しでも良いものを手に入れたいですよね。

ぜひこのBPAフリーのコンテナもご検討くださいませ♪

 

なんでAscentシリーズ専用なの?

なんでAscentシリーズ専用のコンテナなのか疑問に思われる方がいらっしゃるかもしれません。

 

実はAscentシリーズのコンテナはNFCタグ(近距離無線通信技術)が埋め込まれており、

コンテナをセットするだけでブレンダーが大きさを把握し、適切なブレンド時間を調整してくれています。

Ascentシリーズ以外のコンテナではこの技術が使われておらず、仮にA3500に今回のコンテナをセットしても、NFCタグを認識しないので使うことが出来ません。

 

これがAscentシリーズ専用の理由です。

 


 

いかがでしたでしょうか。

 

初期で付属している2Lのコンテナは大きくて便利ですが、逆に「ちょっと大きすぎる・・・。」という声があるのも事実です。

どのコンテナにも混ぜることができる最低ラインの量が決まっている為、2Lコンテナで1人分だけを作るとなると少し厳しいのです。

そういった方々にとって1.4Lコンテナやタンブラーボトルコンテナは、実際とても役立っているようです♪

 

そして時にはパーティなどで、大き目のコンテナが必要になる場面もきっとくるはず。

そういった時に初期の2Lコンテナを上手く使うのも良いかも知れませんね。

 

時と場合によって、上手にコンテナを使い分けましょう♪

 

ショップはこちら♪
バイタミックス専門店 バイタムセール(VITAM-SALE)

バイタミックスに関するご質問等がありましたら、下記までお願いします♪
バイタムセール お問い合わせフォーム

 

これからもバイタミックスの良さを引き続きお伝えしていきますので、

今後ともバイタムセール(VITAM-SALE)をよろしくお願いします♪